賃貸物件を探す場合はまず知識を得てからにしましょう

賃貸物件を探す場合はまず知識を得てからにしましょう

郵便物転送サービスで新しい賃貸に郵便を届けてもらう

住まいさがしは、期限を決めて行うといいでしょう。契約が無事にできれば、新しい賃貸住居へ引っ越し、諸々の手続きを開始します。今まで住み慣れた部屋での、生活に必要だった、電気やガス、水道などの、公共機関の手続きをして、次の住まいでも、入居後すぐに利用できるようにしておきます。退去での、その日までの公共料金支払いはどうなるのか、当日スタッフに支払ったり、次回の口座引き落としでの支払いや、郵送で振込用紙を送ってくれるなど、方法は選べるので、電話した際に相談するといいです。振込用紙を送ってもらう場合には、新しい賃貸物件の住所も、忘れずに伝えます。次の住宅での公共機関手続きも、インターネット経由で手続きができることもあるので、利用するのも楽です。

公共機関手続きの連絡は、休日でも受け付けていても、平日の営業時間内に担当スタッフに直接伝えたほうが安心です。休日はお留守番スタッフなど、業務に慣れないスタッフが臨時でスタンバイしていることもあるので、電話連絡は平日の業務時間内がお勧めなのです。この他、郵便局への転居手続きもしておきます。引っ越し先へ、郵便物を転送してもらえるサービスは、しておくととても便利なのです。郵便局指定のはがきを使うか、郵便局のWEBサイトからの申し込みでもできます。申し込みから1年間は、新しい住所へ郵便物を、無料で転送してもらえます。

おすすめサイト一覧



Copyright(c) 2017 賃貸物件を探す場合はまず知識を得てからにしましょう All Rights Reserved.