賃貸物件を探す場合はまず知識を得てからにしましょう

賃貸物件を探す場合はまず知識を得てからにしましょう

賃貸物件を借りる際に知っておくべき不動産基礎知識

賃貸物件を借りる際に関わる不動産会社の取引形態のパターンとして、対象物件が不動産会社所有の場合は直接賃貸借契約を結ぶという形式をとることになります。また対象物件が個人オーナーの場合は、そのオーナーさんと不動産会社が借主に対して転借する目的で賃貸借契約を結び、借主からすると仲介会社として契約を結ぶ形式をとることになります。

次に管理業務に関して説明します。対象物件が不動産会社所有の場合はその不動産会社が直接管理業務を行ったり、別の会社が管理業務委託契約を結んだ上で管理をしますが、対象物件が個人オーナーの場合、そのオーナーさんと不動産会社との間に管理業務委託契約が結ばれ、借主の家賃の支払いや設備の故障時対応やその他苦情対応を行います。管理業務の内容は貸主の意向によって色々と対応の幅が変わります。

不動産管理業務に関しては、その会社が信頼に値する会社かどうかを判断するひとつの指標として「賃貸住宅管理業者登録制度」というものがあります。この制度に基づき国交省が指定した不動産管理会社が登録簿に記載されており、登録時に必要な条件としては業務状況や財産の適切に分別管理出来ているかなどのチェックポイントがあります。管理会社は出来るだけこの制度に登録している信頼のおける管理会社であることが安心の材料になります。


Copyright(c) 2017 賃貸物件を探す場合はまず知識を得てからにしましょう All Rights Reserved.