賃貸物件を探す場合はまず知識を得てからにしましょう

賃貸物件を探す場合はまず知識を得てからにしましょう

未成年者でも賃貸物件は借りられる

未成年者というのは、あらゆる面で契約が難しいです。それは賃貸契約にも言えることであり、基本的に未成年者と単独で賃貸契約をしてくれるところは皆無といってよいです。契約自体ができないわけではないのですが、法律的に未成年者というのは、契約を一方的に解約できる権利がありますから、貸し手としてはリスクがあるのです。しかし、貸し手を納得させる方法もあります。それは保護者の同意を取ってくることです。普通、未成年者が賃貸物件を借りたいと思ったら、保護者の同意を貰ってくるように、出来ることならば、同席するように、ということを言ってきます。そうすることによって、未成年者との契約であっても完全に成立します。後から破棄することが一方的に出来なくなります。未成年者が賃貸物件を借りるには保護者の同意が必要である、と覚えておくとよいです。意外と理解している人が少ないことです。

しかし、例外というものは、いくらでもあるもので、未成年者でも単独でキチンとした賃貸契約をすることができる方法があります。それは結婚することです。結婚していると契約行為は成年と同じになります。未成年者が単独で賃貸契約をする方法はこれだけになります。


Copyright(c) 2017 賃貸物件を探す場合はまず知識を得てからにしましょう All Rights Reserved.