賃貸物件を探す場合はまず知識を得てからにしましょう

賃貸物件を探す場合はまず知識を得てからにしましょう

賃貸物件の下見の共有部分と外からも確認をする

賃貸物件を借りる時に下見に行く時には、様々な確認ポイントはあります。自分が住む部屋の確認も重要ですが、外からみえる確認ポイントがあり、ベランダから侵入は容易ではないか、外から部屋が丸見えではないか、隣の建物から覗けないかなど、外から自分の住む予定の部屋を上の階だからという事なく、第三者の気分になりながら確認をした方が良いそうです。マンションエントランス部分やアパートの廊下などの共有部分のチェックをし、共有部分にチラシが落ちてあるのが暫く放置されている、電球が切れているのに放置されているなど、汚れている物件は、管理がされていないという証拠になります。管理がされていないと何かトラブルがあった時には対応が遅かったり、対応してもらえない、という事に繋がっていきます。

また物件の紹介には、駐車場や駐輪場があります、または近隣にありますと記載がありますが、実際にどこにあるのか、というのを確認をしておかないと、遠い場所だったり、敷地内にあっても大型車を止めるには狭かったりと、自分が思っている事と異なっている場合もあるそうです。駐輪場に止める自転車の台数も一軒につき何台までと決められている場合やオートバイは別途料金が掛かる場合もあるそうです。

おすすめサイト一覧



Copyright(c) 2017 賃貸物件を探す場合はまず知識を得てからにしましょう All Rights Reserved.